FC2ブログ
  • キングダム 42巻  原秦久先生
    桓騎軍と合流した飛信隊は趙軍との黒羊丘の初戦は散々たるものだったので、羌瘣が偵察に出たついでに敵の大将の首を取るために奇襲をかけたが劉冬は、とても強く羌瘣は谷から落ちて難を逃れる。川の中に入った羌瘣を助けたのは黒羊丘の住人達。羌瘣は捕虜になってしまうのか。大きな河の前で船も橋もなく飛信隊は前進できない危機に陥った。そこで飛信隊の復調である淵が対岸まで綱を渡して敵地に潜入。これで飛信隊は、ようやく前... 続きを読む
  • キングダム 41巻  原秦久先生
    六大将軍を復活させると言った嬴政。現在、将軍は蒙武と騰のみ。そして蕞の救出で功績をあげ、大上造の爵位を貰った揚端和。あとは、王翦と桓騎。残るは1席のみ。王賁、蒙恬か信が続くのか。でも秦にはまだ武将は居ます。激しい競争が繰り広げられそうです。桓騎軍と合流した飛信隊。桓騎軍の異常ともとれる行動に飛信隊はついていけるのでしょうか。----------------------------------------------------【言及】... 続きを読む
  • キングダム 第3シリーズ 第4話 『二つの戦場』
    道すがら函谷関での秦の不利な話を聞いても羌瘣は象姉の仇を討つまでは、飛信隊に戻らないことを心に思っていた。そう、恨みは一生。敵を殲滅するまでは。藨公将軍が超軍への攻撃を始めたが何か、物足りないものを感じていた。火を探していたのか。これは趙軍の戦略だったとは。ピンチの藨公将軍の軍を救ったのは飛信隊。逆走して、藨公将軍の軍の後ろに回り趙軍の万極将軍の軍に襲い掛かった。信の挑発にのり、藨公兵が奮い立た!... 続きを読む
  • キングダム 第3シリーズ 第3話 『函谷関攻防戦』
    風万平原では魏軍総大将の呉鳳明が合従軍の他の武将が来るのを一人待っていた。前回、趙軍の李牧と話をしたのに一緒に来たわけではなかったのですね。李牧によると合従軍の総司令は蔡国宰相軍総司令春申君だという。確かに趙国から総司令を出すと、揉めそうです。秦国の昌平君は、一旦兵を引き合従軍を函谷関まで入れて、討つ戦略。開戦は、楚軍から。と思ったら、藨公将軍が超軍への攻撃。飛信隊も藨公将軍と一緒に出陣。秦の活躍... 続きを読む
  • キングダム 第3シリーズ 第2話 『一堂に会す』
    昌平君は合従軍から離脱させるために、蔡沢を斉に向かわせる。蔡沢は斉の王、王建王に李牧が提示した額の倍をだすから合従軍から離脱するように要請する。王建王は蔡沢の条件を飲む。独断で魏軍に攻め入る藨公将軍。それを助太刀する飛信隊。中央突破しようとしたら、魏軍の本陣が魏軍の中央に移動しました。直感的な戦いをする本能型の藨公将軍は進軍を辞めて一旦、退却。魏軍と藨公将軍が対峙しているところに趙軍が遣ってきて、... 続きを読む
  • キングダム 第3シリーズ 第1話 『迫り来る合従軍』
    遂に放映開始となった『キングダム 第3シリーズ』。秦が、どのように危機を乗り越えたのかが本作品の重要なポイントでしょう。今目の前にある危機から目を逸らせずに対処出来たからこそ、秦国は後の世に名が知られたのでしょう。楚が秦国に進軍。王騎将軍の残党を騰がまとめ上げて楚に対処。蒙武将軍も楚の進軍を止めるべく、出陣。飛信隊も楚に大勝するため移動中に魏の大群に遭遇。沙紀城に行くと住民は皆殺しにされていました... 続きを読む
  • キングダム 40巻  原秦久先生
    陽の身を犠牲にした行動により嬴政の妻、向とその娘の麗の窮地を救ったことは後世に伝わったでしょう。そして、危機一髪の陽を救ったのは飛信隊の信。今回は間に合いました。昌平君の活躍により反乱軍は壊滅。そして、呂不韋が負けたことを認める。次からは中華に向けたストーリーが展開されるのでしょう。信は将軍になれるのでしょうか。----------------------------------------------------【言及】... 続きを読む
  • キングダム 39巻  原秦久先生
    秦国の王都、咸陽に攻め込んできたあいこく(漢字が出てこないので仮名で表記)に対して飛信隊は防衛をするが相手の勢いは抑えられない。しかも、信は手傷を負いピンチを迎える。呂不韋と真っ向、論戦をする嬴政。こちらも厳しい状況。嬴政はどうやって、呂不韋を論破するのだろう。----------------------------------------------------【言及】... 続きを読む
  • キングダム 38巻  原秦久先生
    玉鳳隊の王賁と飛信隊の信は功績を認められ五千人将に昇進。二人とも将軍になるまであと一歩です。太后はあいこく(漢字が出てこないので仮名で表記)を設立して自分勝手に生きていこうと画策するが太后に付いていった者たちの策に嵌り秦国をせめることに。しかも、その中には呂不韋の間者も含まれており呂不韋は混乱に乗じて秦国の王族関係者を皆殺しにして秦国を乗っ取るつもり。河了貂は呂不韋の策に気づいて嬴政を守ることがで... 続きを読む
  • キングダム 37巻  原秦久先生
    玉鳳隊の王賁は魏国の紫伯の押されて瀕死の状態から奮起した意気込みは秦国の大将軍になる責務を忘れていなかったため。ここが一般人との違いでしょうね。一方、信は魏国の凱孟との戦いで自らを犠牲にして羌瘣を呉鳳明の元に行かせる策を河了貂が打つ。しかも隆国軍に援軍を頼むとは秘策中の秘策でしょうね。呉鳳明は逃したが霊凰を打ち取ったことで魏国は退却。一旦は戦が終わったが次は太后による反乱の鎮圧です。一難去ってまた... 続きを読む

プロフィール

大きなあめだま

Author:大きなあめだま
アニメやコミック関係や戯言が中心となります。



カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お気に入りサイト情報