FC2ブログ

まちカドまぞく2巻 伊藤いづも先生




吉田家の家訓

『良いことがあったときは鉄板を囲むのが鉄板。』

なんか駄洒落のような家訓ですが、実際に鉄板を

使ってみたら、雷が落ちて冷蔵庫が往ってしまいました。

これも『光の一族』が吉田家(魔族)にかけた呪いの

影響なのでしょうか。

それとも吉田優子が只、運が悪いだけなのか。

結局、食材を駄目にしないため吉田優子は

敵である魔法少女、千代田桃に食材を運ぶのは

『敵に塩を送る』のと変わりがないことなのか。



折角、「家族4人で月四万円生活」という呪いが

解けて、冷蔵庫買い換えても吉田清子には

呪いが解けていません。

買い換えた冷蔵庫は、アパートのドアが狭くて

部屋に入りません。残念ですね。



鉱山で使用している巨大なダンプのタイヤを

吉田優子に引かせようとする千代田桃。

幾ら、筋肉主義だからと言って

そんな大きなタイヤを一本の指で持ち上げる

千代田桃の方が異常です。

吉田優子は千代田桃にとって遊び道具なのですね。



血液を数滴、リリスに取られた結果

弱くなった千代田桃をサポートするために

遣ってきた魔法少女は、陽夏木ミカン

陽夏木ミカンは、動揺すると周りにちょっとした

不幸をまき散らす、魔族のような魔法少女。

筋肉主義の千代田桃に不幸をまき散らす陽夏木ミカン。

二人とも本当に魔法少女なのかと疑ってしまいます。



----------------------------------------------------


【言及】

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

大きなあめだま

Author:大きなあめだま
アニメやコミック関係や戯言が中心となります。
























カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスカウンター

検索フォーム

お気に入りサイト情報